日本風景マニアックスへようこそ!

続日本100名城の風景

32.高田城

~伊達政宗ら13大名によって城の普請が行われた~


読み たかだじょう
別名 高陽城(こうようじょう)、螺城(らじょう)、鮫ヶ城(さめがじょう)、関城(せきじょう)
種別 平城
築城年代 1614年(慶長十九年)
築城者 松平忠輝
主要城主 松平氏、酒井氏、榊原氏
所在地
新潟県上越市本城町6-1 →地図はこちら
見所その1 本丸
見所その2
見所その3
見取り図 下図(周知板より引用、抜粋)

見学料金 一般310円、小中学生160円
営業時間 9:00~17:00
休館日 月曜日(月曜日が祝日のときは翌日)、祝日の翌日、12月29日~1月3日
駐車場 あり(無料)
スタンプ設置場所 上越市立総合博物館
司馬遼太郎登場作品
顔出し看板情報 あり(1枚)
その他 最新情報は公式ホームページ等でご確認ください
説明文 下記(周知板より引用、抜粋)


【城の風景いろいろ】

【城の風景についてコメント】
1--城の見取り図その1
2--堀越に三重櫓をのぞむ
3--本丸跡その1
4--本丸跡に近づく
5--周辺案内図
6--当時の縄張り
7--三重櫓を見上げる
8--三重櫓に近づく
9--水堀は鏡のように静寂
10-銅像の背中越しに見える蓮の葉
11-蓮の葉で埋め尽くされている
12-立志伝中の人、植木千次郎の像。

【現地を訪れてのコメント】 

お問い合わせはこちらから