日本風景マニアックスへようこそ!

日本100名城の風景

<前へ

65.月山富田城

次へ>

~大内氏、毛利氏と2度、激戦の地となった難攻不落の山城~


読み がっさんとだじょう
別名 月山城、富田城
種別 山城
築城年代 平安時代?
築城者 不明
主要城主 尼子氏、毛利氏、吉川氏、堀尾氏
所在地
島根県安来市 →地図はこちら
見所その1 曲輪
見所その2 石垣
見所その3 堀切
見取り図 下図(周知板より引用、抜粋)

見学料金 無料
営業時間 24時間
休館日 なし
駐車場 あり
スタンプ設置場所 安来市立歴史資料館
司馬遼太郎登場作品
顔出し看板情報 なし
その他 最新情報は公式ホームページ等でご確認ください
説明文 下記(周知板より引用、抜粋)


【城の風景についてコメント】
1・・・駐車場に到着。すでに多くの先客が。
2・・・駐車場前の道
3・・・迫力ある大土塁
4・・・山中御殿の石垣が見えてきた
5・・・山中御殿入口付近
6・・・月山富田城ののぼりが風ではためく
7・・・山中御殿に到着
8・・・整った石垣
9・・・城の鳥瞰図を発見
10・・登山サポートの杖が置いてあった
11・・山中御殿を一望
12・・七曲がりを登りきり、後ろを振り返る。結構、上に登りました
13・・遠く、中海、境港方面を一望
14・・山吹井戸
15・・迫力ある石垣
 ⇒コメントPart2へ続く

【現地を訪れてのコメント】
駐車場から本丸へ向かう道は整備されていて歩きやすい。二の丸、三の丸では各方面の展望が開けている。戦国時代、尼子勢はここから、安来方面から侵攻する大内軍、毛利軍など敵の動きをいち早く察知でき、迅速に守備の対処をしていたことでしょう。

お問い合わせはこちらから